国際政治の裏舞台や現在の情勢、分かりやすく読みやすくした小説、「喝」を入れるために存在しているような作品まで、男として読むべきものばかりです。


騙し人 |落合 信彦

騙し人騙し人
落合 信彦
集英社 刊
発売日 2003-04



キッスオフ 2003-08-28
天才詐欺師と前置きしていながら、交渉の流れは、少し味気なかった。しかし、キッスオフの段階になると清々しい気持ちになれたので4点にしました。

様々な面白人間がアット驚くことをやってのけた 2002-01-28
どこかの国のトップが祖国を救う。なにかありがちなストーかもしれないが、そんな期待通りの勇者じゃ、あまりにもっとも過ぎて、それでいて現実味はない。となれば、この本の切れ者とは一体どんな人物なのか。世の中には、切れ者、曲者といった輩がいるが、実際そのイメージとのギャップは激しいもの。ただのならず者だったってことも無きにしも非ず。普段出会うことのないスゴ腕のヤツらのお手並み拝見といきませんか?


さらに詳しい情報はコチラ≫






生まれも育ちも日本の ふつー の男が7カ国語マルチリンガルに変身した理由を知りたくないですか?


▼ 【 小説 】の最新10件
【落合信彦 先生】
私の中では熱い日本の漢、ベスト5に入ります。

少年時代から現在の作家活動までも含めて落合信彦先生の熱い情熱に
匹敵する人物はそうそう見つけられないでしょう。


世界の中で「日本人」とはどうあるべきかずば抜けた文章力で
教えてくれています。 その裏には、卓越した頭脳、トリプルAの
情報、考えられない人脈を駆使し尽くしてものがあるからです。


ウカウカしてはいられない状況に現在の日本社会があるという事に
一人でも多くの人に気付いて自分の頭で考えて行動に移してほしいと
心から思うばかりです。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

わかる!英文法

落合信彦 ハードボイルドな世界Topへ