国際政治の裏舞台や現在の情勢、分かりやすく読みやすくした小説、「喝」を入れるために存在しているような作品まで、男として読むべきものばかりです。


烈炎に舞う |落合 信彦

烈炎に舞う烈炎に舞う
落合 信彦
集英社 刊
発売日 1999-05



天安門事件の影には・・ 2001-09-30
フィクションなのかノンフィクショなのか・・一つ正しく言えることは、これだけ世界にインパクトを与える大事件(天安門事件)の裏には様様なパワーが裏舞台で激しくぶつかりあっていること。あの事件がちょっとでも違う展開を歩んでいたら中国という国は現在誰もが創造できない国家へ変貌していたかもしれない。事件の真相を深く考えずに力による民主化弾圧だけを非難する人は一度読んで欲しいものです


さらに詳しい情報はコチラ≫






生まれも育ちも日本の ふつー の男が7カ国語マルチリンガルに変身した理由を知りたくないですか?


▼ 【 小説 】の最新10件
【落合信彦 先生】
私の中では熱い日本の漢、ベスト5に入ります。

少年時代から現在の作家活動までも含めて落合信彦先生の熱い情熱に
匹敵する人物はそうそう見つけられないでしょう。


世界の中で「日本人」とはどうあるべきかずば抜けた文章力で
教えてくれています。 その裏には、卓越した頭脳、トリプルAの
情報、考えられない人脈を駆使し尽くしてものがあるからです。


ウカウカしてはいられない状況に現在の日本社会があるという事に
一人でも多くの人に気付いて自分の頭で考えて行動に移してほしいと
心から思うばかりです。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

わかる!英文法

落合信彦 ハードボイルドな世界Topへ