国際政治の裏舞台や現在の情勢、分かりやすく読みやすくした小説、「喝」を入れるために存在しているような作品まで、男として読むべきものばかりです。


名もなき勇者たちへ |落合 信彦

名もなき勇者たちへ名もなき勇者たちへ
落合 信彦
集英社 刊
発売日 2004-06



名もなき勇者たちへ 2004-07-11
落合信彦久々のこの手の小説!主人公レイチェル、ユダヤ系フランス人を両親に持つ12歳の少女が、爆弾テロで両親をなくし、愛国イスラエル、モサドのトップエージェントになった物語。ここまで読むと、落合さんの得意分野かと思う方々がいると思う、全くその通りであり読む者を、裏切らない作品である。舞台は現代、ずばぬけてIQが高いレイチェル、飛び級で18歳で大学を卒業し、モサドにスカウトされ最高の成績と結果で、モサドエージェントNO,1になり、人手不足のCIAから依頼されたミッションで、彼女レイチェルの人格、感情、それと・・・・が変化してゆく爽快な落合本、フアンには、たまらない一冊である。

スケールの大きさは落合信彦氏ならでは 2004-06-06
今まで落合氏の書籍は数々読破してきて、時にはその論調・ストーリーの展開などにおいて、「ワン・パターンだな」と思うこともありましたが、しかし、落合氏の抜きん出た情報収集力・人脈などから描かれる小説は他の作者とは比較にならない、リアリズムな迫力をもって読むものを引き込みます。今回も実在の人物をモデルにしているとのことでしたが、落合氏は今の日本の特に若者に対して、もっと大胆に自分の人生を自分の足で切り拓いていけ!、と小説を通して訴えていること、そして人生の舞台が世界にあること、また現実の世界で起きている事を、まざまざと見せてくれます。是非一読を!


さらに詳しい情報はコチラ≫






生まれも育ちも日本の ふつー の男が7カ国語マルチリンガルに変身した理由を知りたくないですか?


▼ 【 小説 】の最新10件
【落合信彦 先生】
私の中では熱い日本の漢、ベスト5に入ります。

少年時代から現在の作家活動までも含めて落合信彦先生の熱い情熱に
匹敵する人物はそうそう見つけられないでしょう。


世界の中で「日本人」とはどうあるべきかずば抜けた文章力で
教えてくれています。 その裏には、卓越した頭脳、トリプルAの
情報、考えられない人脈を駆使し尽くしてものがあるからです。


ウカウカしてはいられない状況に現在の日本社会があるという事に
一人でも多くの人に気付いて自分の頭で考えて行動に移してほしいと
心から思うばかりです。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

わかる!英文法

落合信彦 ハードボイルドな世界Topへ