国際政治の裏舞台や現在の情勢、分かりやすく読みやすくした小説、「喝」を入れるために存在しているような作品まで、男として読むべきものばかりです。


憎しみの大地―落合信彦選集〈11〉

憎しみの大地―落合信彦選集〈11〉憎しみの大地―落合信彦選集〈11〉
落合 信彦
小学館 刊
発売日 2001-11



複雑な中東情勢 2002-08-11
今日でもテロが多発するなど、一向に落ち着きを見せない中東情勢。しかし、この複雑な中東情勢を十分に理解しなければ、激動する世界を生き抜くことは出来ない。著者が現場で見たこと、肌で感じたことがこの1冊に!

中東戦争やパレスチナ問題の本質を突く好著 2002-01-26
 著者の落合信彦氏は、日本では多分ただ一人、パレスチナ問題や中東戦争、中東での紛争の本質を理解している希有のジャーナリストである。 私も、もう四半世紀以上、イスラエルとその周辺にあるアラブ諸国の同行に注目してきた人間である。そして、日本のマスコミのナイーブさ(騙されやすさ)には、もううんざりしている。そんな日本のジャーナリストの中にあって、中東問題についてただ一人、異彩を放っているのが著者・落合信彦氏である。同氏の取材における現場主義と、各国各人の思惑に対する透徹した洞察力には、舌を巻いてしまう。 本書の初版は、1991年4月に発行されているが、読んでもちっとも古さを感じないのは、本書が物事の本質を鋭く突いているからに他ならない。ともあれ、少しでもパレスチナ問題や中東での紛争に関心をお持ちの方ならば、是非ともご一読いただきたい。目から鱗が落ちる思いがすること、請け合いである。
 国際情勢に関心がある全ての人に強くお薦めしたい一冊!


さらに詳しい情報はコチラ≫






生まれも育ちも日本の ふつー の男が7カ国語マルチリンガルに変身した理由を知りたくないですか?


▼ 【 国際情勢 】の最新10件
【落合信彦 先生】
私の中では熱い日本の漢、ベスト5に入ります。

少年時代から現在の作家活動までも含めて落合信彦先生の熱い情熱に
匹敵する人物はそうそう見つけられないでしょう。


世界の中で「日本人」とはどうあるべきかずば抜けた文章力で
教えてくれています。 その裏には、卓越した頭脳、トリプルAの
情報、考えられない人脈を駆使し尽くしてものがあるからです。


ウカウカしてはいられない状況に現在の日本社会があるという事に
一人でも多くの人に気付いて自分の頭で考えて行動に移してほしいと
心から思うばかりです。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

わかる!英文法

落合信彦 ハードボイルドな世界Topへ