国際政治の裏舞台や現在の情勢、分かりやすく読みやすくした小説、「喝」を入れるために存在しているような作品まで、男として読むべきものばかりです。


挑戦者たち |落合 信彦

挑戦者たち挑戦者たち
落合 信彦
集英社 刊
発売日 1994-05



シャヒーン氏のインタビューが必見 2003-07-13
オリバー・ストーンの「ニクソン」にもシャヒーンは登場する。シャヒーンの存在こそが落合氏をビル・ケーシー、イサー・ハレル(初代モサド長官)、マーガッレト・サッチャーなどにつなげた。

世界を舞台に活躍する男の姿から国際社会、現代社会をみる。 2003-06-06
石油業に従事した男、「傭兵」という職業で戦場にたつ男、サバイバリストと呼ばれる男の生活と姿が紹介されている。インタビュー形式の作品から、実際に生きる生の声と行動が見聞きできる。
そうした男の生き様の紹介のみならず、彼らが生きている社会背景を通し、現代、社会の状況が見えてくる。なぜ彼らは存在するのか。ハードではあるが、現に生きるものの声を是非聞いてほしい。


さらに詳しい情報はコチラ≫






生まれも育ちも日本の ふつー の男が7カ国語マルチリンガルに変身した理由を知りたくないですか?


▼ 【 落合信彦、分類なし 】の最新10件
【落合信彦 先生】
私の中では熱い日本の漢、ベスト5に入ります。

少年時代から現在の作家活動までも含めて落合信彦先生の熱い情熱に
匹敵する人物はそうそう見つけられないでしょう。


世界の中で「日本人」とはどうあるべきかずば抜けた文章力で
教えてくれています。 その裏には、卓越した頭脳、トリプルAの
情報、考えられない人脈を駆使し尽くしてものがあるからです。


ウカウカしてはいられない状況に現在の日本社会があるという事に
一人でも多くの人に気付いて自分の頭で考えて行動に移してほしいと
心から思うばかりです。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

わかる!英文法

落合信彦 ハードボイルドな世界Topへ